【2018 in Brasil:ポルトアレグレ編】

Porto Alegre ポルト・アレグレ


2018:10:25 10月23日〜約3週間、ブラジルに渡航してきました。

目的はカシャッサの蒸留所巡りブラジルに行くのは5回目ですが毎回ワクワクしますね。


まず最初の目的地、ブラジル最南端の州「リオ・グランヂ・ド・スル」の「ポルト・アレグレ」へ。
















ブラジル南部はイタリアやドイツなどヨーロッパからの移民が多く暮らしていて

「文化」「街並み」もヨーロッパ的。


ポルト・アレグレは「陽気な港」という意味を持ち、活気があり観光地としても有名です。


到着は夜遅くだったので、その日はホテルでグッスリ。翌日は朝から街をぶらぶら、

これがブラジルに行った時の楽しみの一つ。国や街を知ることは歩く量に比例すると思ってまして。












ポルト・アレグレ 港近くの街並み












南ヨーロッパを感じさせる雰囲気















ポルト・アレグレ市民の台所/中央市場

Mercado público de porto alegre






















肉・魚・野菜・果物などの生鮮食品やカシャッサリア、特産品などがズラリと。

嬉しいブラジル音楽のレコードなども、目を引くものが沢山です。












市場の外には美味しそうなフルーツも、

ブラジルらしい。


夕方からは、また街並みをぶらぶらして夕食→ホテルへ。


ブラジル南部は初、やっぱり街を知るのは楽しいですね。